賃貸住宅の不動産屋さんは地域密着型

人口の多い繁華街の駅前には大手の不動産屋さんが密集し、たくさんのお部屋情報を貼り出しています。そのような不動産屋さんは店舗の回転もはやく地域密着型に対して多店舗型と呼ぶそうです。賃貸住宅をリサーチするとき希望のエリアがピンポイントで決まっているのでしたら多店舗型より地域密着型不動産のほうが親身になってくれますし、自営業で顔が広い分扱っている物件数も多いと聞きます。
私が今住んでいる家も地域密着型の不動産屋さんで探しました。CMで見るような大きな不動産会社ではないのですが、昔から地元にある不動産屋さんなので、近隣地域の評判というのが大きく関わってきます。そのためか大手不動産会社の若い営業マンのようにガツガツしていないので、こちらの希望もしっかりと聞いてくれます。これまでは大手のが安心と思っていたのですが、地元に根付いた不動産屋さんの方がやはり心強い部分があります。引越しをするために新しく部屋を探す上で、不動産屋さんに行って物件を探してもらうことは必須になります。ではどのような不動産屋さんを訪ねたらいいのかをご紹介します。不動産屋さんには大きく2種類に分けられ、幅広く店舗を掲げている「他店舗型」と特定の地域との繋がりが厚い「地域密着型」の2つがあります。前者は各地域に支店を多く展開している大きい企業に当てはまります。後者の地域密着型は地元の大家さんや地主さんと直接関わりがあり、自営業として不動産屋さんを経営しているお店の事などを指します。ではなぜ後者の地域密着型のほうがいいのか、という理由についてです。上記で説明した通り、その特定の地域内の人との繋がりが厚いという点にあります。前者の他店舗型ですと各地域に支店があるため、物件を取り扱っている範囲が地域外まであるため、物件を広範囲に紹介してくれます。しかし、地域ごとの物件の種類が充実していないケースがあります。地域密着型の不動産屋さんですと地元の人と親しく、物件自体を任されているケースがあります。つまりそこの不動産屋さんでしか見つけられない物件が存在します。いわゆる掘り出し物、隠れ物件です。それ以外にも特定の物件の近くの住人の方々との付き合い方など、ちょっとしたアドバイスについても教えてくれることもあります。治安の悪い物件を紹介することはまずありません。他店舗型のお店と比べて多くの情報を持っています。あなたがもし新しく部屋を探したいけれど、静かな環境を希望したり、ペット可能で防音できる部屋もある、など条件が多くて見つかるか不安という場合は一度地域密着型と呼ばれている不動産屋さんへ行ってみることをお奨めします。そして不動産屋さんと仲良くなり、あなたの希望する部屋について相談してみてください。きっと親身になって探してくれるはずです。他店舗型で探すとあなたが希望する部屋は見つかったとしても、遠い場所になってしまう可能性があります。部屋探しに対してこだわりがあるほど、地域密着型の不動産屋さんへ行くことをお奨めします。

賃貸住宅や不動産のことなら

スマホの普及率が5割を超え手軽な情報検索が可能になりました。物件さがしだけでしたら検索で充分かと思いますが、もし賃貸住宅や不動産のことでお悩みや相談があったときには、弁護士や司法書士などの専門家がネット上で質問に回答してくれるといった便利なサイトもあるようです。このようなサービスは顔が見えない分素性もばれないので逆に地域密着タイプの不動産屋さんより相談しやすいのかな、とも思います。
一昔前はインターネットの普及率も低かったですし、パソコン自体を持っている人も少なかったのですが、最近では携帯電話と同じように一人1台の時代になってきました。賃貸住宅を探すにも不動産屋さんに足を運ぶ前にまずインターネットで情報を収集してからというのが一般的です。住宅や不動産を探したい場合には、賃貸住宅の場合は賃貸系の情報サイトが使いやすいです。賃貸マンション、アパートなどを選択可能で、その上で地域指定が可能な賃貸系の情報サイトが多いので、希望するエリアの賃貸情報を探すことができます。住宅の購入の場合は建築や住宅会社が提供しているサイトを活用したり、不動産業者へ来店して情報を得ることが可能です。また不動産業者がホームページを用意していることもあり、そちらから物件情報の間取り、家賃込みで把握できる場合があります。仲介手数料がある場合には、そのこともインターネット経由で把握可能です。不動産に関しての情報サイトも昨今ではあり、住宅だけでなく、レンタルオフィス、貸事務所、貸店舗、貸倉庫などの情報を載せていることがあります。住むための家ではなく、ビジネスとして使えるスペースが欲しい場合にも役に立ちます。

2106 6/4

Copyright ©All rights reserved.賃貸住宅の不動産屋さんは地域密着型.